鷹・柳田がプロ野球月間最多得点タイの「32」王、城島抜き去る

2020年07月31日 20時11分

3回裏一死一、三塁、栗原の適時打で生還した柳田

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手(31)が31日の西武戦(ペイペイドーム)でプロ野球の月間最多得点記録に並んだ。3回一死三塁から四球で出塁。二盗を決めた後、中村晃の右前打で三進すると、栗原の左前適時打で生還した。これで月間32得点。広瀬叔功(南海=1964年5月)、村田修一(巨人=2013年8月)に並んだ。

 この日の試合前練習を視察した王貞治球団会長、城島健司球団会長付特別アドバイザーと31得点で並んでいたが、7月最後のゲームで偉大な2人を抜き去った。