昨季の安定感どこへ…西武・ニールが〝5連打〟で鷹に一気逆転許す

2020年07月31日 20時01分

西武・ニール

 西武の一本柱、ザック・ニール投手(31)がよもやの1イニング4失点だ。31日のソフトバンク戦(ペイペイ)に今季7度目の先発登板したニール。3回に山川12号ソロ、中村5号2ランと大きな3点の援護を受け、これ以上ないアドバンテージを握った。

 ところが、その裏。一死から甲斐をボテボテのゴロに打ち取りながら、三塁内野安打とされると、これをキッカケにニールらしからぬ1四球を挟んだ〝5連打〟でホークスに逆転を許してしまう。

 続く周東の中前打でピンチを一、二塁と広げられると今宮に高めに浮いたツーシームを中堅フェンス直撃の2点適時三塁打で1点差。なお四球の柳田に二盗を決められ二、三塁から中村、栗原に連続適時打を打たれあっさり3―4と逆転を許してしまった。

 12勝1敗、防御率2・87とチームのV2に貢献した昨年は17試合で2度しかなかった「1試合4失点以上」が今季は登板7試合で早くも4試合目。相手球団の研究やローテーションが気楽な3、4番手から常に相手のエース級とマッチアップする1番手に繰り上がったことによる心理的変化なのか…。ともかく、ここまで来日2年目のエース・ニールに昨年の輝きは見られない。