西武が多和田と再契約 一軍復帰のカギ握る集団生活への適応

2020年07月31日 11時00分

西武と支配下選手登録を結んだ多和田真三郎

 西武が30日に自律神経失調症のため契約保留選手となっていた多和田真三郎投手(27)と支配下選手契約を結んだことを発表した。

 多和田は球団を通して「家族の支えがあってここまで来ることができました。そして苦しい時も妻を頼り支えてもらい、頑張ることができました。これからは家族のため、そして球団のため、一生懸命責任を持って頑張ります」とコメント。渡辺久信GMは「心身ともにチームに合流して大丈夫という診断書も出て(契約)判断に至った。いろんな苦労をしている。こういう形で契約できて、支配下選手として戦力になってほしい」と今季中の一軍復帰にも期待を込めた。

 2015年のドラフト1位として西武入りした多和田は3年目の18年に16勝(5敗)を挙げ最多勝。昨年は初の開幕投手を務めるも春先から不振で二軍降格、7月後半から不整脈などの体調不良を訴え、その原因となった自律神経失調症の療養に努めていた。

 今季は契約保留選手のまま3月24日から三軍練習に合流。19日の二軍練習試合・社会人セガサミー戦で実戦復帰を果たし2回1安打1失点だった。昨年12月から8か月間、収入が激減した状況で支配下契約復帰を目指していた。

 一軍復帰へのカギとなってくるのは「集団生活への適応」だろう。昨春、不振と歩調を合わせるようにミーティングへの遅刻、欠席などが目立つようになり投手会の会合などにもまったく顔を出さなくなったという。関係者が「ミーティングに参加していても、常に誰かと連絡を取っているようでスマホが手放せない様子だった」と当時を振り返るように周囲の選手や関係者が手を貸せる状態ではなかった。

 そんな多和田が再び野球と向き合えるようになったことは、先発陣がピリッとしない西武にとって待ちに待った朗報だ。一昨年の最多勝右腕の復活に期待が高まる。