日本ハム・斎藤が二軍戦登板も1イニング4安打2四球1失点

2020年07月30日 18時21分

日本ハム・斎藤佑樹

 日本ハムの斎藤佑樹投手が30日、イースタン・リーグの西武戦(カーミニークフィールド)の3回途中から登板し、1回を投げて4安打、2四球で1失点(自責1)、3奪三振だった。

 3回から登板していた石川直がヒジの不調を訴え、この回二死一塁の場面から緊急登板した。しっかり抑えたい斎藤だったが、呉念庭に甘いコースに入った4球目を打たれ、打球は中越えの適時二塁打に。続く岸に四球を与えて二死一、二塁とピンチを広げると、西川には右翼線への適時二塁打を浴びた。

 続く4回は森越、金子と2者連続で空振り三振を奪いエンジンがかかったかのように見えたが、後続に2本の安打と四球を許し二死満塁としたところで、交代を告げられた。