西武が多和田と契約「家族のため、球団のため、一生懸命責任を持って頑張ります」

2020年07月30日 15時50分

西武・多和田

 西武は30日、自律神経失調症のため契約保留選手となっていた多和田真三郎投手(27)と今季の契約を結んだことを発表した。

 多和田は球団を通して「家族の支えがあってここまで来ることができました。そして苦しい時も妻を頼り支えてもらい、頑張ることができました。これからは家族のため、そして球団のため、一生懸命責任を持って頑張ります」とコメントを出した。

 多和田は2015年ドラフト1位で富士大から西武に入団。18年には16勝5敗で最多勝を獲得。昨年は初の開幕投手を務めるも7月後半から体調不良を訴え自律神経失調症の療養に努めていた。

 今季は契約保留選手のまま3月24日から三軍練習に合流していた。