大瀬良抹消で鯉投総決起! 一軍再合流K・ジョンソンも〝復権〟誓う

2020年07月27日 20時24分

大瀬良の穴を埋める働きを期待されるK・ジョンソン

 広島投手陣が総力を結集して〝大瀬良の穴〟を埋める。先発投手陣は27日、マツダスタジアムの屋内練習場でキャッチボールやランニングなどで汗を流した。

 24日のDeNA戦(横浜)で緊急降板したエースの大瀬良大地がコンディション不良のため25日に登録抹消。この日の投手練習には参加し、一軍に帯同しながら最短での復帰を目指すことになるが、大黒柱の不在はチームにとって大きな痛手だ。

 ただ、そんな窮地だからこそ他の先発陣が奮起を誓っている。28日の中日戦(マツダ)に先発する大瀬良と同期入団の九里は「同い年として大地が帰ってくるまでしっかりとした投球をしたい」とキッパリ。キャンプから助言を受けてきたドラフト1位・森下も「みんなでカバーしていけたらいいと思う。自分もしっかりとした気持ちを持ってやっていきたい」と腕をぶした。

 大瀬良の「代役」としてこの日からK・ジョンソンが一軍に再合流。今季未勝利の左腕は「二軍では悪かった投球動作を改善してきた。チームの勝利に貢献できるよう頑張る」と復権を誓った。リーグ5位の防御率4・68と苦しむ投手陣。大瀬良不在のピンチで底力を発揮したいところだ。