阪神・ボーア6号!近本4安打で竜を粉砕 鬼門ナゴヤドームで初の勝ち越し

2020年07月26日 19時50分

6号ソロを放ったボーアを迎える虎ナイン

 阪神は26日の中日戦に9―3で大勝。鬼門・ナゴヤドームで今季初の勝ち越しを決め貯金を1とした。

 前夜は屈辱の零封負けを喫した打線が、この日は猛発奮。序盤に3点のビハインドを背負ったが、ボーアの左翼ポール直撃の6号ソロなどで追撃を開始すると、8回には福留の同点適時打、梅野の勝ち越し適時打など一挙5点を挙げる猛攻で逆転に成功。7回に登板し1イニングを無失点に封じた藤川が今季初勝利を挙げた。チームはこれで7カード連続負け越しなしと依然好調を持続中だ。

 痛快な逆転勝利に、矢野監督も「ボーアにも一本出たし、近本も4安打か。これからも(状態を)上げてもらわな困るしね。(望月、藤川ら)中継ぎ起用した選手も頑張ってくれた」と口も滑らか。徐々に見えてきた首位・巨人の背中を猛虎が追撃する。