巨人サヨナラ負けも連夜の粘り腰 原監督は〝青木封じ〟に闘志

2020年07月25日 23時25分

 首位の底力は見せた。巨人は25日のヤクルト戦(神宮)に5-6でサヨナラ負け。それでも1点を追う9回無死一、三塁には、代打・陽岱鋼の中犠飛で同点に追いつく驚異の粘りを見せた。

 先発予定のサンチェスが右肩の違和感により、澤村が代役でマウンドに上がった。1点リードをもらった初回、青木に逆転2ランを浴び、4回途中一死満塁のピンチで降板。継投に入ったが、救援陣も失点を重ねて最大3点差をつけられた。

 それでもG打線は丸の7号、ウィーラーの3号、吉川尚の5号とソロアーチ攻勢でじりじりと追い上げ、9回の同点劇につなげた。その裏、連投の左腕・中川が一死満塁から代打・川端にサヨナラ打を許して試合は決着。敗れはしたが…最大5点差から延長10回ドローに持ち込んだ前夜に続く〝粘り腰〟は収穫だろう。

 試合後、原監督は「マークしているけど、青木1人にやられているね。バッテリーサイドはもう少し工夫があってほしいね。そこはバッテリーコーチ含めて、反省するところがありますね」と敗因となった〝青木封じ〟に闘志を燃やした。2位ヤクルトと2・5ゲーム差となったがこの粘りがある限り、易々と白星を譲ることはなさそうだ。