巨人・丸が復調ムード! ヤクルト・小川からソロ2発

2020年07月25日 21時00分

ベンチに帰り「丸ポーズ」で祝福される巨人・丸(左)

 巨人の丸佳浩外野手(31)が25日、ヤクルト戦(神宮)に「3番・中堅」で先発出場し、相手エース・小川から、第6、7号となる2本のソロ弾を放った。

 1本目は、初回の1打席目。高めに浮いた2球目の133㌔直球をしっかり捉えると、打球は巨人ファンが待つ左翼スタンドへ。丸が「良い風に乗ってくれましたね。フェンスを越えてくれてよかったですね」という一撃は貴重な先制打となった。

 2本目は、3点を追う6回二死で迎えた第3打席。高めに浮いた119㌔変化球の5球目を完ぺきに仕留めた。打球はグングン伸びて、1打席目とは逆方向の右翼スタンド中段奥にまで到達。ダイヤモンドを一周しベンチに戻ると、原監督もご満悦の〝丸ポーズ〟で祝福。開幕以降、なかなか調子が上がらず苦しんだが、いよいよ背番号8がエンジン全開モードに突入しそうだ。