巨人が5点差を追いつく驚異の粘りでドローに

2020年07月24日 23時07分

同点ソロの丸がポーズを決めた

 巨人が24日のヤクルト戦(神宮)で序盤の5点差を追いつき、延長10回の末、5―5で引き分けた。

 先発は2勝目を懸けた今村だったが、味方の突然のアクシデントで足を引っ張られてしまう。両軍無得点で迎えた2回一死二、三塁。今村のピンチに原監督が球審のもとへ向かうと、通訳とトレーナーが右翼手のパーラのもとへ走りだした。何事かと場内が騒然とするなか、パーラはベンチへ下がった。腰の違和感を訴えたようだ。

 右翼には左翼だった亀井が入り、7番にはウィーラーが入り左翼へ。試合が再開されたが、このアクシデントで今村のリズムが狂った。9番・投手の吉田大喜に初球のスライダーを右翼線へ運ばれ、2点を奪われると、さらに二死二塁で山田に左翼線二塁打を浴び1失点。続く3番・青木の場面では左中間のフライを、今度は丸とウィーラーがお見合い…。まさかの連係ミスで4点目を与えると、続く村上にもタイムリーが飛び出し、あっという間の5失点と崩壊。今村は失意の早期降板となった。

 突如襲った「負の連鎖」で序盤から劣勢に立たされたが、ここから首位の意地を見せつける。4回に好調の大城が「次につなぐ意識で打席に入った」と4号2ラン。7回にはヤクルト3番手・梅野から先頭の吉川尚が4号ソロを放ち、続く重信が外野フェンスを突き破る驚異の二塁打を放った。坂本の犠飛で1点差に迫ると、丸のバックスクリーへの一発で5―5の同点に追いついた。

 その後は両チームともに継投で得点を許さず、引き分け。首位・巨人は2度目の引き分けで2位・ヤクルトとのゲーム差は3・5で変わらず。