これぞ4番! DeNA・佐野が劇的逆転サヨナラ満塁弾 でもヒーローインタビューは謙虚に…

2020年07月24日 22時27分

このひと振りで決めた!

 ハマの新主砲が大仕事をやってのけた。

 DeNA・佐野が24日の広島戦(横浜)で1点ビハインドの9回一死満塁、劇的な逆転サヨナラ満塁弾を放った。カウント2―1から一岡の投じた外角高めの変化球をとらえ、ぐんぐん伸びた打球は右中間スタンドへ着弾。本拠地スタンドのファンが総立ちになる中、右手でガッツボーズを作りながらダイヤモンドを一周した新4番は狂喜乱舞するチームメートたちと喜びを分かち合った。

 3戦連発となる3号本塁打は球団史上10人目の逆転サヨナラグランドスラム。ヒーローインタビューで佐野は開口一番「凄く緊張していたのでホッとしています」と照れ笑い。そして「最高です。(ファンの手拍子による応援が)打席の中でも背中を押してくれました。(9回は)オースティンとロペスで決めてくれと思いながらベンチで見ていました。自分を信じてスイングしようと打席に入りました。前の打席もチャンスで回してもらって打てなかったけど仕事ができて良かったです」と相変わらず謙虚に振り返り、万雷の拍手を浴びていた。

 チームは9―6で久々の連勝。4番の劇弾で勢いに乗っていきそうな気配だ。