巨人・重信の〝驚がくの一打〟は金網を突き破り「二塁打」

2020年07月24日 21時10分

重信の打球は金網を突き破った

 前代未聞の〝驚弾〟が飛び出した。24日のヤクルト―巨人(神宮)。2―5と巨人3点ビハインドで迎えた7回、先頭の8番・吉川尚が反撃の4号ソロ。〝驚がくの一打〟は続く途中出場の重信で起きた。

 ヤクルト3番手・梅野の初球を強振した打球はライナーで右翼フェンスを直撃。右翼手が右往左往している間に重信はぐんぐん三塁まで到達したが、右翼・山崎がフェンスを指さし球審に何やら話しかけたあと、重信は二塁に戻された。

 フェンスと金網の間にボールが挟まったのか…これで終わっても、めったに見られないプレーだが、マイクを取った審判の説明は驚くべきものだった。

「打球が金網を突き破りスタンドに入った。ルールによって二塁打とする」

 なんと文字通り「弾丸ライナー」と化した打球はフェンスを破ったというのだ。この二塁打が勢いをつけのか、坂本の犠飛、さらには3番・丸の5号バックスクリーン弾で同点に追いついた。果たしてフェンスの老朽化か、それとも突き破るほどボールにスピンがかかっていたのか…。