【イースタン】巨人・鍬原が無安打4奪三振の完璧投球 先発・野上とともに一軍昇格アピール

2020年07月24日 20時03分

力投する鍬原投手

 先発ローテ入りを狙う巨人の野上亮磨投手と鍬原拓也投手が24日、イースタン・ロッテ戦(ジャイアンツ球場)に登板し、野上が4回2失点(自責1)、鍬原が3回無失点4奪三振と、それぞれアピールした。

 先発投手としてマウンドに上がった野上は、2回二死二塁の場面で西巻に適時打を打たれ1失点し、続く3回にも二死三塁から香月一に適時打を放たれ2点目の失点を許す。その後も安打と四球で満塁とピンチを広げたが、冷静な投球で山口を遊ゴロに打ち取り、最少失点で切り抜けた。

 続けて5回から登板した鍬原は、立ち上がりからコーナーを攻める完ぺきな投球を披露。5回に加藤に許した四球以外では走者を出さない無安打投球を続け、終わってみれば4奪三振と好調をアピールした。

 登板後野上は「悪い中でもしっかりとゲームの中で修正して、先発の役割を果たさないといけません。スポーツの日にこうして野球をできることに感謝します」とコメント。

 一方の鍬原は「真っ直ぐの抜け球をなくすことを練習から重点的に取り組んでいました。今日はゾーン内で打者と勝負できました。継続するところは継続して、もっと高いレベルを目指していきたいです」と手ごたえを口にした。一軍先発投手に向け、今後もアピールを続けていく。