阪神・藤浪が〝1球〟悔やむ「今日一番のターニングポイント」

2020年07月23日 21時28分

6回、ピレラ(手前)に満塁弾を浴び唇をかむ藤浪

 広島戦(23日=甲子園)に先発し7回途中4安打4失点で、今季初勝利を逃した阪神・藤浪が〝痛恨の1球〟を悔やんだ。

 5回までは2安打無失点と勝利投手を手にしたが、6回2死満塁で広島・ピレラに逆転満塁弾を許し、今季初勝利はならず…。7回途中でマウンドを降りた降板後、藤浪は「今日一番のターニングポイントで粘り切ることができず。もったいない投球となりました」と痛恨の場面を振り返っていた。