ロッテ・鳥谷が移籍後初スタメン「7番・三塁」で西武戦に

2020年07月23日 17時59分

 ロッテ・鳥谷敬内野手(39)が23日の西武戦(メットライフ)に「7番・三塁」で移籍後初先発出場する。鳥谷はここまでは代走か守備固めでの出場が主だった。今季は出場12試合で6打数1安打(打率1割6分7厘)の成績となっている。

 また、右太もも違和感で登録抹消された荻野に代わって昇格した福田秀平外野手が「1番・中堅」でスタメン復帰した。

 対する西武は、ここ6試合の成績が22打数4安打(打率1割8分2厘)と調子を落としている昨季MVP・森友哉捕手がベンチスタートとなり、スタメンマスクは岡田。右翼も木村に代わって5年目の川越がスタメン9番に座った。