松田宣の逆転打でタカ首位浮上 〝熱男節〟も復活「東京五輪の旗手やりたい!」

2020年07月23日 00時10分

松田宣は今季初お立ち台でお決まりの「熱男~!」

 開幕から打撃不振に苦しんだソフトバンク・松田宣浩内野手(37)が22日の日本ハム戦(ペイペイドーム)で逆転の決勝打を放ち、チームを楽天と並ぶ首位に押し上げた。

 1点差に迫った7回、二死二、三塁から殊勲の2点打。「(不振だった)3週間分を1年かけて取り戻す」。フルカウントまで粘って食らいついた打球は中堅へ抜けた。ベンチに戻ると、後輩ナインからもいじられるように祝福を受けた。

 今年初めて立ったお立ち台。少し申し訳なさそうに笑う熱男の姿があった。「ずっと貢献できていなかったんで…」。プロ15年目、とんでもない逆風にあっている。初安打は開幕3戦目。その後もエンジンはかからなかった。7月前半まで打率1割台と低迷。世間では「お祭り男」と言われるが、責任感が強く、繊細な心の持ち主だ。精いっぱい持ち味の声を出し、ファイティングポーズを崩さなかった。

 だが、結果の出ない日々はこたえた。スコアボードの表示は目を覆いたくなる数字ばかり。それでも「勝負どころで何かやってくれると期待して、首脳陣は使ってくれていると思ってやってきた。ファンもそういう場面で期待してくれていると思って…」。見栄えの悪い数字にフタをして打席に立った。だが、好機でチームを勝ちに導く一打はなかなか出なかった。

 それでも必死に歯を食いしばりホットコーナーに立ち続けた。「僕はここまでメンタルでやってきた選手。シーズンは長いんで、開幕から貢献できなかった分をここから取り返したろうと思ってます」心が折れたら、ジ・エンド。開幕から1か月以上たってようやく出た殊勲打に「きっかけにしたい。諦めずにやりたい」と思いを込めた。

 たとえ〝偽り〟の明るさでも、それがマッチらしさ。1年延期になった東京五輪の開幕日は、2021年7月23日。37歳のベテランは茶目っ気たっぷりに言った。

「体が元気なんで(日本選手団の)旗手になりたい。やってみたいんです、旗手」。日の丸を背負える選手でなければ実現しないこと。「あ、無理かあ~」と笑ったが、これまでも大志を抱いて実現してきた。「1年延期になっても諦めることなくやるのが僕。必ずいつも通りの数字に持っていきたい」。沈んだ顔が士気に影響することを知っている。最後も周囲を気遣って、無用な心配を掛けまいと明るく振舞ったのかもしれない。だが「諦めない」は本音だ。

「もう一つレベルを上げるための試練かな思っている。ここを乗り越えていきたい」。熱男の闘志に再び火がついた。