日本ハムが千賀に土付けた! 大田猛打賞、近藤決勝打で鬼門攻略

2020年07月21日 22時27分

日本ハムは千賀を攻略

 鬼門攻略に成功だ。日本ハムが21日、ソフトバンク戦(ペイペイドーム)に2―1で辛勝。昨季5戦勝てなかった敵エースの千賀を何とか攻略し、今季初となる6連戦初戦の初白星を挙げた。

 今季初めてとなった千賀との対戦だったが、テンポよく投げ込むエースを前に6回までに放った安打はわずか3本のみと、この日も打線は苦しんだ。試合が動いたのは7回。二死三塁の好機をつかむと西川の適時打で同点とした。続く大田が猛打賞となるこの日3本目の安打を放ち、二死一、三塁とチャンスを拡大。ここでマウンドから千賀を引きずり下ろすと、代わった嘉弥真から3番・近藤が勝ち越し適時打を放ち、これが決勝打となった。

 昨季、対千賀のチーム打率は1割8分1厘と大苦戦を強いられていた。殊勲打の近藤は「千賀さんもなかなかいい球で打てなかった。西川さんが同点にしてくれたので、結構楽な気持ちで打てました」と笑顔。大きな壁を打ち砕いての勝利で勢いに乗りたいところだ。