山本昌氏 阪神時代の金本知憲氏について「相手投手に決め球を投げさせて、狙い打ちする」

2020年07月21日 19時00分

「戦え!スポーツ内閣」に出演した山本氏

 プロ野球・元中日の山本昌氏(54)がこのほど、毎日放送(MBS)のスポーツ番組「戦え!スポーツ内閣」(22日午後11時56分=関西ローカル)の収録に参加した。

 今回のテーマは「サウスポー最強論 左を制する者はスポーツを制する」。山本氏はボクシング元世界3階級制覇王者の長谷川穂積氏(39)、テニスの市川泰誠(19)とともにゲスト出演した。

「左利きだったから投手になった」という山本氏は、NPB史上最年長の42歳11か月で通算200勝を達成。実働29年で通算219勝を挙げた。

 そんな山本氏は、長谷川氏の功績をまとめたVTRを見ると「ボクサーは人前で殴り合いをして、倒されることもある。(それに比べて)野球は楽だな」と現役時代に思っていたと告白。MCの武井壮(47)から「(その考えが)支えになっていたってことですか?」と聞かれると、登板前に緊張しすぎることもあったため、「ボクシングに比べたら屁みたいなものだ」と、自分に言い聞かせてマウンドに上がっていたことを明かした。

 これに長谷川氏は「ボクシングはKO負けしたとしてもヤジを浴びることはないんです。でも野球はすごいヤジが飛んでくるので、精神的には(野球のほうが)キツイかな…」と話した。

 山本氏といえば、阪神戦通算48勝の〝阪神キラー〟でもあったが、「サウスポーの優位性」をもっとも有効活用できた試合に「史上最年長ノーヒットノーラン」を達成した2006年9月16日の阪神戦(ナゴヤドーム)を挙げた。

 当時の阪神の4番・金本知憲氏(52)との勝負について話が及ぶと「(2ストライクまで)追い込むのは簡単なんですよ。この人(金本氏)は、相手投手に決め球を投げさせて、それを狙い打ちする」と指摘。決め球を打たれたときの投手のダメージは計り知れないと言い、そんな金本氏のすごみについて「(金本氏が)現役時代のときに、ファンの方にお伝えしたかったですよ」と語った。