阪神・藤浪さあ出陣! 虎党選んだ「19」で今季初マウンドへ!

2020年07月21日 05時00分

レンズに笑顔を向けた藤浪

 阪神の藤浪晋太郎投手が20日、甲子園で行われた投手指名練習に参加し、キャッチボールやランニングで汗を流した。23日の広島戦(甲子園)で今季初先発が濃厚な右腕は「あまり空回りせずにいつも通り試合に入っていけたら」と平常心を強調した。

 今季の初マウンドはファンからのリクエスト曲に乗っての登場となりそうだ。球団では「ファンともっと!」プロジェクトの一環として、21~23日の広島戦で「~音楽で〝もっと〟つながる~選手登場曲リクエスト Supported by 日本生命」を開催する。期間中はファンから公募されたリクエスト曲が、選手の登板時、また打席に立つ際に登場曲として流れる。

 5月に監督、コーチ、選手らで行ったオンラインミーティングの中で梅野隆太郎捕手が発案しチームの「ファンの思い入れのある曲で試合に臨みたい」との思いで実現に至った。

 藤浪は自身の背番号「19」と同じアーティスト名を持つ「19(ジューク)」の曲での登場となる。「ファンの方が応募してくれ、自分の背番号と同じアーティストの曲だったので、選曲しました。短い時間かもしれませんが、曲を聴いてファンの方も楽しんでもらえれば僕もうれしいです」とコメントした。