NPBと日本高野連がタッグ「プロ志望高校生合同練習会」開催

2020年07月20日 17時51分

 NPB(日本野球機構)は20日、日本高野連と「プロ志望高校生合同練習会」を行うと発表した。

 全国2か所の会場で行われる予定となっており、西日本会場となる甲子園球場は8月29日から30日、東日本会場の東京ドームでは9月5日から6日に実施される。参加資格は日本高野連に登録する高校3年生の野球部員でプロ志望届および合同練習会参加届提出者が対象となる。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、第92回選抜高等学校野球大会と各都道府県の春季大会、そして第102回全国高等学校野球選手権大会や地方大会が中止に追い込まれ、プロ入りを目指す高校3年生部員たちのアピールの舞台は次々と消滅。この窮状にNPBと日本高野連がプロとアマの垣根を越えてタッグを組み、救済策を講じた。

 合同練習会には視察機会の平等性を保つためNPB各球団のスカウトや関係者、大学、社会人、独立リーグの関係者らも参加し〝金の卵〟たちに熱いまなざしを向ける。