阪神・福留の猛打賞で竜に大勝!借金完済の3位浮上!!「ファンの応援のおかげ」

2020年07月19日 23時21分

1回の守備でダイビングキャッチした福留

 阪神が19日の中日戦(甲子園)に11―3で大勝。今季最長タイの4連勝を飾るとともに、最大で8まで膨らんでいた借金をついに完済。順位も3位に浮上した。

 今季初の同一カード3連勝、そして初の2桁得点。その立役者は3安打4打点の福留だった。16日のヤクルト戦(甲子園)で決勝の1号2ランを放ち、復活を強烈に印象づけていたベテランはこの日も気を吐いた。

 初回無死一、三塁で迎えた第1打席、4回一死満塁での第3打席では犠飛で走者を確実に返す打撃を見せると、6回の第4打席では運も味方につけた。一死一、三塁の場面で打ち上げた打球が遊撃と左翼の間にポトリ。これが適時打となった。

 さらに止まらない福留は8回にも一死二塁でこの日3安打目となるダメ押しの中前適時打を放ち今季初の猛打賞。

 試合後は「でき過ぎだと思いますけど良かったです。(6回の左前適時打は)ファンの方の声援が落としてくれた」と謙虚な姿勢を見せ「自分たちの今できること、やっていることを続けていけるように」と次戦に向けて抱負を語った。