広島・佐々岡監督 痛恨の引き分けに「申し訳ない」

2020年07月19日 23時20分

菊池は同点に追いつかれガックリ

 広島は痛恨の引き分けに終わった。19日のヤクルト戦(マツダスタジアム)は0―2の7回無死二、三塁から松山の2点二塁打で追いつき、一死三塁で会沢が中前にはじき返して勝ち越し。そのまま逃げ切りたいところだったが、新守護神の菊池保が9回に追いつかれて今季3度目の延長戦に突入した。

 10回裏の攻撃では先頭の菊池涼が左前打で出塁するも続く堂林は空振り三振。4番・鈴木誠の内野安打で一死一、二塁と得点圏に走者を進めたが、上本は二ゴロ、代打の高橋大は空振り三振に倒れてマツダスタジアムは大きなため息に包まれた。

 佐々岡監督は試合後、1点リードを守れなかった菊池保について「そう簡単には代えられない」と守護神継続を明言。有観客となってからの本拠地6連戦を1勝4敗1分けで終え「ファンが入った中で一つしか勝つことができずに申し訳ない」と肩を落としていた。