巨人・桜井が天敵ソトにやられ放題「打ち直しの一発」「勝ち越し許す死球」とメロメロ

2020年07月19日 21時12分

天敵にやられ放題の桜井。2勝目はならず…

 またしても「あの男」にやられてしまった。巨人・桜井俊貴投手(26)が、19日のDeNA戦(横浜)で5回5安打3失点で降板。「やられたらやり返す精神で強気で攻めていきたい」と意気込んで臨んだが、今季2勝目はならなかった。

 チームの士気を下げてしまったのは2―1と1点リードした3回だった。先頭のソトに高めに入ったカットボールを強振され、打球は左翼ポールを巻いてスタンドイン。巨人ベンチもがっくりの同点被弾…。しかし、打球の行方を見逃さなかった三塁手・岡本のアピールに、原監督はすかさずリクエストを要求した。すると判定は一転して「ファウル」に――。岡本の起死回生の〝好プレー〟で命拾いし、ベンチも大盛り上がりとなった。

 ところが桜井はその後ソトにフルカウントまで持ち込まれると、6球目のカーブをドンピシャのタイミングで振り抜かれる。打球は今度は疑いようもなく左中間スタンドへ。ソトの〝打ち直し〟による本塁打で同点とされた。

 昨季はソトに対して昨季8打数4安打、3本塁打と打ち込まれていた桜井。まさにそんな関係をまざまざと見せつけられた対決となった。

 5回には二死から今度はソトに対して厳しく攻めようとの気持ちが空回り。死球を与えてしまう。すると続くロペスに右中間を深々と破られる二塁打を浴び勝ち越しのホームを許す。最後までソト一人にかき回された。

 打線も4、5回と一死一、三塁のチャンスをつくるも犠飛すら打てず無得点。桜井を援護することができなかった。