【今週の目撃】ワンプレーに全力!ヤクルト・坂口のプロ根性

2020年07月19日 09時00分

ヤクルト・坂口(左)と阪神・梅野

 1勝1敗で迎えた阪神―ヤクルト3連戦のラストゲームも、7回を終えて3―3の大熱戦。ヤクルトは8回、先頭の渡辺大樹が中前打で出塁すると、続く坂口智隆の打席で初球から盗塁! 

 ここでバントの構えだった坂口は、二塁送球する阪神・梅野隆太郎との交錯を避けるため、慌てて身を後方へ。だが、勢い余ってでんぐり返ってしまった。送球を邪魔するとルール上アウトになるため、必死に避けた坂口。結果、二盗に成功した渡辺は坂口のバントで三進し、続く代打・荒木貴裕の右安打で勝ち越しのホームを踏んだ。

 だが、ヤクルトは直後の8回裏に3失点。坂口の〝ずっこけ〟も勝利に結びつかなかったが…。ワンプレーに全力を注ぐのがプロ野球。その醍醐味が秘められた瞬間をとらえた一枚でした。

(7月16日=甲子園)