巨人の24歳若武者・北村が攻守で好プレー 原監督の先発起用に応える

2020年07月18日 19時45分

2回に適時打を放った巨人・北村

 正二塁手を狙う若手ナインが指揮官の期待に応えた。巨人の北村拓己内野手が18日、DeNA戦(横浜)に「1番・二塁」で先発出場し、攻守で好プレーを披露した。

 打っては2回二死二、三塁のチャンスで迎えた2打席目。DeNAのエース・今永が内角に投じた初球のカットボールをしっかり捉えて中前打とすると、走者一掃の2点適時打とした。見事な当たりを放った北村は「1打席目に少し詰まってしまい、元木コーチからインコースを怖がらずにしっかり打ちに行けとアドバイスをもらいました。そのアドバイス通りに打ちに行った結果が良い結果につながりました」と舞台裏を明かした。

 守ってはその裏、一死走者なしの場面で、宮崎が一、二塁間を切り裂く鋭い打球を放つと、これを深めの守備位置で守っていた北村がなんとか追いついて好捕。すぐさま一塁へ正確な送球を放ると、間一髪でアウトとした。鮮やかなプレーに、ベンチで見守っていた原監督も思わず笑顔。吉川尚、増田大らと正二塁手争いをする北村だが、この日の好プレーで首脳陣への猛アピールに成功した格好だ。