日ハム・有原の顔面変化 先発5試合目でようやく初勝利のウラに…

2020年07月18日 11時30分

有原航平

 エースにようやく白星がついた。日本ハムが17日のロッテ戦(札幌ドーム)に7―4で快勝し、順位もオリックスに再び並ぶ5位タイ。先発の有原航平(27)が6回2失点と好投し、今季5試合目の先発登板にして待望の初勝利を挙げた。

 立ち上がりは不安定な投球が続き、再三のピンチから4回までに2点を失った。それでも徐々にギアを上げていくと、6回には三者連続三振。終わってみれば8三振を奪った。

 今季は開幕戦で負け投手となると、その後も3試合勝ち星はつかず、歯がゆい試合が続いた。お立ち台では「チームに迷惑をかけていたので、なんとか勝ててよかったです」と安堵の表情を浮かべた。

 チーム内からは、そんな有原の“変化”を指摘する声が上がっている。マウンド上でのポーカーフェースぶりが知られるが、昨季途中までは「ああ見えて、ピンチの時や打ち込まれた時などは、困った顔を浮かべてるんだよ。よく見るとわかるよ」。

 そんな有原の“困り顔”が「昨季の後半あたりからあんまりそういう表情を出さなくなったよね。ダブルエースって言われてる上沢がケガで離脱したのもあって『自分がやらなくちゃいけない』ってエースの自覚みたいなのが芽生えたんだと思うよ」(関係者)。

 実際、17日の試合でも再三のピンチがあったものの、表情一つ崩さずに切り抜けてベンチへと引き揚げていく様子が印象的だった。脱“困り顔”のエースは、真のポーカーフェースを手にしてさらなる勝ち星を積み上げていけるか。