ヤクルトのドラ2・吉田大喜は5失点KOデビューにがっくり「申し訳ない気持ち」

2020年07月17日 21時12分

ほろ苦いデビューとなった吉田大喜

 デビュー戦はホロ苦に終わった。ヤクルトのドラフト2位・吉田大喜投手(22)が17日の広島戦(マツダスタジアム)にプロ初登板初先発を果たすも、3回途中を9安打5失点と打ち込まれた。

「初登板でしたが、緊張は思ったよりしませんでした」と吉田喜。それでも厳しい結果となり、ドラ2右腕は「少しストライクゾーンに集めてしまい、追い込んでからのフォークボールがしっかりコントロールできませんでした。早いイニングでマウンドを降りてしまいチームに申し訳ない気持ちです」とベンチで肩を落とした。