鯉のプリンス絶好調! 堂林がメルセデス破壊4号2ラン

2020年07月16日 19時39分

4回、反撃の4号2ランを放った堂林

 広島・堂林翔太内野手(28)が反撃のノロシとなる一発だ。「6番・三塁」で先発出場すると3点を追う4回に見せ場が訪れた。二死二塁の場面で巨人先発・メルセデスが投じたスライダーをフルスイング。打球はカープファンが陣取るバックスクリーン右に飛び込む4号2ランとなった。

 堂林は「得点圏だったのでまず1点という気持ちでいきました。バッティングカウントだったので積極的に打ちにいった結果、しっかり捉えることができました」とコメント。巨人に2連敗を喫した佐々岡監督はこの日、好調の背番号7の打順を6番に上げて臨んだが、その期待に応える一発となった。