広島K・ジョンソンまたも雨にイライラKO…Gに本拠連敗で借金3

2020年07月15日 22時09分

K・ジョンソンはイライラKO

 またダメだった…。広島のK・ジョンソンが5回5失点の背信投球で早くも今季3敗目を喫した。初回、二死二塁から岡本に中前へ運ばれてあっさりと先制点を献上すると、その後ももろさを露呈。降雨の影響からか、しきりに足場を気にして制球は定まらず。微妙なコースをボール判定され首をかしげるなど、集中し切れないままでのマウンドとなった。

 そのため3回には安打と連続四球から満塁のピンチを背負うと岡本に遊ゴロの間に2点目を献上。続く中島には左前へ適時打を浴びて3点目を失った。首脳陣は「何が起こっても落ち着いて粘り強く投げていってもらいたい」(横山投手コーチ)と助っ人左腕に最少失点で試合をつくることを求めていたが、試合の中で修正することはできず5回にはウィーラーに2ランを浴び、この回限りで無念の降板となった。

 打線も終始、沈黙で9回、鈴木誠がリーグトップタイの7号本塁打を放つのが精一杯…。2年連続2桁勝利を挙げてきた左腕エースは開幕からいまだ勝ち星なしのままで、勢いに乗れない広島の「象徴」と化している。チームも近年ホームでは無類の強さを発揮してきたものの、今季はこの日の敗戦で1勝5敗と大きく黒星が先行し、借金も今季最多タイの3。何とか同一カード3連敗だけは避けたいところだ。