中日・松葉が移籍後初勝利 ビシエドの先制打で連敗ストップ

2020年07月15日 21時26分

 中日が15日のDeNA戦(ナゴヤドーム)に2―1で勝ち、連敗を「3」でストップした。

 この日敗れれば4カード連続負け越しとなるところだったが、嫌なムードを振り払ったのが4番・ビシエドの一撃だ。3回二死一、三塁からDeNA先発・濵口のストレートを振り抜くとライトフェンス直撃の先制2点タイムリー二塁打。「しっかり芯で捉えられた。先制点が取れて良かったよ」。ドラゴンズ打線で最も頼りになる男がしっかりと決めてくれた。

 今季初先発となった中日・松葉は強力DeNA打線を相手に6回途中1失点。藤嶋―祖父江―福ーR・マルティネスとつないだリリーフ陣が1点のリードを守り切り、「緊張はありましたが、その中で落ち着いて自分の持ち味を出せたと思います」という松葉にオリックスからの移籍後初勝利をプレゼントした。