巨人・原監督がミスター超え1035勝! 〝孝行息子〟菅野が熱投で鬼門マツダ突破

2020年07月14日 22時04分

ミスター超えの1035勝を挙げた原監督

 ついにミスターを超えた! 巨人14日の広島戦(マツダ)に7―2で勝利。連敗を4で止めた。原辰徳監督(61)は通算1035勝を挙げ、長嶋茂雄終身名誉監督(84)を抜いて球団歴代単独2位に浮上した。チームを指揮した過去13年間で3度の日本一を含む8度のリーグ優勝と実績十分の〝名将〟が、指導者としての帝王学を学んだ恩師超え。新たな「勲章」を手に入れた。 

 ミスター超えの1勝に花を添えたのは、エースの粘投と4番の一発だった。3回一死一、三塁の場面でまずは3番・丸が先制の左二塁打。「いいところに飛んでくれた」と振り返ると主砲・岡本が続いた。カウント1―2からの4球目、真ん中低めのチェンジアップをすくい上げると打球はグングン伸び、左翼ポール際まで到達。ゲームの主導権を握る6号3ランで一挙4点を奪った。

 ダイヤモンドを回る岡本は「チャンスで何とかしたかった! ホームランという最高の結果になって良かったです」とニッコリ。鬼門といわれるマツダスタジアムでなんとか連敗ストップ――勝利を渇望する4番の一撃だった。

 投げては中10日の先発となったエース・菅野だ。「連敗していることを意識して。やることはいつもと変わらない」と登板前に話していたが、この日は制球難に苦しみ4回までで89球…。本来の投球には程遠かったものの、なんとか5回を投げ切り無傷の3勝目を挙げた。

 原監督にとって「おい」でもある菅野だが、監督とエースの関係でいえば、まさに親思いの〝孝行息子〟だ。2014年には監督通算800勝、翌15年に達成した900勝も、菅野の勝利によるもの。そして今年の開幕戦、白星スタートとともに球団6000勝をプレゼントすると、今度はミスター超えの記念星――。自身の節目で勝利を持ってくる菅野を伯父・原監督も感慨深く見ている。記念すべき一日。再び波に乗りたいところだ。