DeNAが波状攻撃! 主砲・佐野の一打から一挙5得点で逆転

2020年07月14日 20時04分

 ベイ打線が得意の波状攻撃だ。DeNAが14日の中日戦(ナゴヤドーム)で1点を追う4回、一気に試合を引っ繰り返した。無死一、二塁から4番・佐野恵太内野手が中前適時打を放って、まず同点。反撃の口火を切った主砲は笑顔を浮かべながら「いいところに落ちてくれました。チャンスの場面だったので積極的にいきました。(二塁から本塁生還を果たした)柴田さんの走塁に感謝したいです」。

 さらに相手の守備の乱れから逆転に成功すると、今度は一死満塁から伊藤光の左前適時打で3得点目。そして梶谷隆幸外野手も左翼線へ2点適時二塁打を放ち、ガッツポーズを作った。「チャンスだったので積極的にいきました。(先発の)大貫が前回登板の悔しい思いを抱きながら投げていたので援護できうれしいです」と伊藤が振り返れば、梶谷も「打ったのはストレートです。しっかり集中して捉えることができました。大貫を援護できうれしいです」とコメント。打者一巡の猛攻で一挙5得点を奪い、マウンドから相手先発の山本をマウンドから引きずり下ろした。