阪神・岩貞が8回無失点の快投で2勝目 女房役の梅野「ベストピッチだった」

2020年07月12日 22時26分

8回無失点の快投で2勝目をマークした岩貞

 阪神は12日のDeNA戦(甲子園)に2―1で勝利。先発の岩貞祐太投手(28)が8回3安打無失点の快投を披露し、2勝目をマークした。

 制球が冴え、与えた四球はわずか「2」。決め球のフォークも効果的に決まり「きょうは初回から飛ばしていった。最後まで投げられればベストですが、8回まで投げられてよかった」と笑顔を見せた。

 女房役の梅野は「お互いに意図を通じ合わせながらいけた。自信を持って投げられていたと思う。今までで一番しっくりきた投球なのでは。イメージ通り。ベストピッチだった。今後もサポートしていければ」とこの日の岩貞の投球を称賛。西勇、青柳に続く新たな先発ローテの柱の台頭はチームとしても頼もしいばかりだ。