登録抹消の阪神・藤川球児に上原浩治氏がエール 「同期入団なんで」

2020年07月12日 16時05分

上原浩治氏

  右肩のコンディション不良で12日に出場登録を抹消された阪神・藤川球児投手に、米大リーグ・レッドソックスなどでも活躍した元プロ野球選手の上原浩治氏(45)がツイッターで激励のメッセージを送った。 

 上原氏は前夜11日のDeNA戦(甲子園)で藤川が救援に失敗し、2敗目を喫したことを受け「阪神・藤川選手、ただただ頑張ってほしい。同期入団なんで…福留選手も松坂選手も」とツイート。松坂(西武ドラフト1位)、藤川(阪神ドラフト1位)らが球界入りした1998年のドラフト会議は、球史に残る空前の〝当たり年〟。「松坂世代」と称された高卒勢の他にも、上原氏は大卒選手として巨人に1位入団。福留も社会人から中日に1位入団するなど、そうそうたるメンバーが顔を並べている。

 上原氏自身も「あの年、最強って勝手に思ってます」と語っているように、引退した今も同期入団選手たちの動向は気になる様子。第一線で今も戦い続けるアラフォー世代への思いは強い。