城島氏に甲斐再生を依頼! 鷹・工藤監督「お前も散々おれに怒られてやってきたから」

2020年07月11日 16時35分

甲斐(右)に視線を送る工藤監督(左)と城島氏

 ソフトバンクの工藤監督が11日、会長付特別アドバイザーを務める城島健司氏(44)に正妻・甲斐拓也捕手(27)へのレジェンドアドバイスを依頼したことを明かした。両氏は前日、グラウンド上で35分間も熱く意見交換を交わす姿が目撃されていた。

 今季の投手陣は失点が続く時期も目立ち、正妻・甲斐も3試合連続でスタメンマスクから外れるなど苦しんでいる。前日10日にフォローを依頼したとのことで「話をしてやってくれと。その前も(2人で)話をしたみたですが。捕手として大切にしてやることとか、経験してやってきていることがたくさんある。それが甲斐にとって一番『なるほどな』となると思う」と熱く口にした。

 工藤監督と城島氏は現役時代にバッテリーを組んだ間柄だ。工藤監督の厳しい愛のムチを受けて、当時若手の城島氏は捕手として大きく成長していった。

「お前の話をしてやるのが一番なんじゃない? あいつもラクになるんじゃない? お前も散々おれに怒られてやってきたから」とも話したとのことで「すぐにできることはない。失敗して学んで自分なりの結論を出して、それでも失敗して、その繰り返しですから」と続けた。

 捕手として経験豊富な城島氏からも提案を受けたという。甲斐のさらなる進化に期待を込めていた。