中日がビシエドの7号サヨナラ弾で連敗ストップ!「代打・三ツ間」ショック払拭し4位に浮上 

2020年07月10日 21時35分

サヨナラ本塁打を放ったビシエド

 中日は10日の広島戦(ナゴヤドーム)にビシエドの7号ソロ本塁打で3ー2(延長10回)とサヨナラ勝ち。連敗を「2」で止め、広島と入れ替わって4位に浮上した。
 4番・ビシエドがどん底のチームを救った。同点で迎えた延長10回一死の場面で振り抜いた一撃は左中間スタンドへ一直線。

「本当にうれしいです。ファンの方が入った初日の日に活躍できてとってもうれしいです。最後、ファンの方の声援がなければ打てなかったと思います。ありがとうございます」

 主砲のサヨナラアーチに今季初めて観客が入ったナゴヤドームは歓喜の渦に包まれた。

「もうビシエドのバットに当たった瞬間に“よし勝った”という確信がありましたね」と与田監督もホッとした表情。7日のヤクルト戦での「代打・三ツ間」ショックから白星に見放されてチームのムードは決して良くはなかったが「このところ苦しい戦いが続いていましたので本当に選手が頑張ってくれました」と指揮官は感謝しきりだった。