虎党ナマ興奮! 阪神・近本が2号先頭打者弾「ファンの声援が後押し」

2020年07月10日 18時58分

先頭打者本塁打を放った阪神・近本

 阪神・近本光司外野手が10日のDeNA戦(甲子園)の初回に先頭打者本塁打を放った。

 1点ビハインドで打席に入った第1打席、近本は相手先発・大貫にカウント0―2と追い込まれながらも、3球目のスプリットを迷わず強振。持ち前のパンチ力で弾き返された打球は、ぐんぐん伸びて、バックスクリーン右へ飛び込んだ。

「初球から積極的にスイングすることを心掛けて打席に入った。打った瞬間は入るとは思わなかったですが、ファンの方の声援が打球を後押ししてくれたと思います」と近本がコメントした通り、阪神はこの日から本拠地・甲子園球場に観客約5000人を収容し試合を開催。野球に飢えた虎党たちを一振りで喜ばせてみせた。