鷹バンデンハークがイヌワシに食われた…5連打浴び7失点KO

2020年07月09日 21時52分

7失点KOとなったバンデンハーク

 ソフトバンクが9日の楽天戦(ペイペイ)に1―9で大敗。投手陣が連夜の2桁安打を許しての連敗だ。

 先発のバンデンハークが新生楽天打線に屈した。1―1で迎えた5回。一死から攻め込まれた。下位から3連打で満塁の危機を背負うと、好調イヌワシ打線のけん引役となっている絶好調の2番・鈴木大にやられた。

 4球目直球を、待っていたかのような鋭い振りで左中間を破られ、これが2点適時二塁打に。まだ終わらず、一死二、三塁からブラッシュには左前適時打を浴び、リードを4点に広げられた。試合の主導権を一気に奪われる痛恨の5連打だ。

 パの首位を行く楽天の見事なばかりのたたみかける波状攻撃。戦前、バンデンハークは大型補強で生まれ変わった犬鷲打線を大いに警戒していた。「新しく入った選手もいるし、下位でも力のある選手が控えている。それによってバランスの取れた強力な打線になったという印象がある」

 ロッテからFA移籍した鈴木大が2番に定着し、NPBで実績あるロメロが6番以降に名を連ね、ルーキーの小深田ら若手が激しいレギュラー争いの中でアピール合戦を繰り広げている。新戦力が存在感を示し、主砲・浅村がドッシリ構える打線は、6年目の助っ人右腕も恐怖を感じていたようだが…。まさに、その餌食になってしまった。

 バンデンハークは6回も続投したが、走者を背負って降板し、5回2/3、8安打、7失点(自責は6)の無念の結果に終わった。本拠地で味わった屈辱。次は絶対にやり返さないといけない。