西武守乱でロッテに先制許す

2020年07月09日 19時22分

雨の影響か守りのミスが続く西武

 西武が守備のミスから先制を許した。9日のロッテ戦(ZOZOマリン)は試合前から雨が降りしきる悪天候の中でのプレーボール。2回、二死満塁の好機に先制に失敗した西武はその裏、三塁・中村の一塁送球エラーが先発・本田の足を引っ張り一死二塁のピンチを迎え、これが続く安田の先制左前打につながった。

 またこの回は藤岡の打球を処理した山川も雨の影響でボールが手につかず、チーム2つ目の失策。さらに右翼・川越が荻野のファール飛球を見失うなど、記録に残らない守備のミスも目立ち、本田にとっては不運な立ち上がりとなった。