西武が外崎の〝秘打〟でロッテに先制

2020年07月08日 19時11分

〝秘打〟を放った西武・外崎

 西武のマルチプレーヤー・外崎修汰内野手(27)が〝曲芸打ち〟で先制点を叩き出した。

 8日のロッテ戦(ZOZOマリン)初回、西武は先頭のスパンジェンバーグの右越え二塁打と源田の進塁打で一死三塁の先制機を作り出す。ここで3番・外崎がロッテ先発・小島の難しい内角低めストレートを一度踏み出した左のステップ足を引きながら、バットを立て打球を二遊間方向へおっつける難易度の高い内野安打で先制に成功した。

〝曲芸師〟外崎は「打ったのはストレートです。先制のチャンスだったので1点取れてよかったです。インコースの厳しい球? 手はしびれていないですよ」としてやったりだった。