巨人・小林がキャッチボールで笑顔 左腕骨折から順調に回復

2020年07月08日 17時33分

順調に回復するG小林

 左腕を骨折しリハビリ中の巨人・小林誠司捕手(31)が8日、ジャイアンツ球場でキャッチボールを行った。左手にミットをはめ、トレーナーが投じたボールを捕球した際も笑顔で返球するなど、順調な回復ぶりをうかがわせた。

 その後は両手で打撃練習も敢行。「トレーナーの皆様のおかげで順調に回復しております。日々感謝して一日でも早く復帰できるように頑張ります」とコメントした。

 小林は21日の阪神戦(東京ドーム)で死球を受け、左手尺骨骨折と診断されていた。