中日・山本拓実 手本はオリックス・山本由伸の死球にも動じない“鬼メンタル”

2020年07月07日 11時00分

中日・山本拓実

“鬼のメンタル”で勝ち星量産だ。3年目の中日・山本拓実投手(20)が内角攻めを怖がらず、真っ向勝負を挑むことを誓っている。

 きっかけは師と仰いでいる1学年上で同姓のオリックス・山本由伸投手(21)の投球だ。5日の西武戦(メットライフ)で徹底した内角攻めを敢行し、6回に山川、中村、木村にプロ野球ワーストタイの1イニング3死球を与えてしまった。思わず西武ベンチからは「何やっとんじゃ、われ! ボケ!」といった強烈なヤジも飛んだが、山本由は冷静に二死満塁のピンチを無失点で切り抜けた。

 そのまま7回も強気に152キロのシュートを内角へ投げ込み、またも山川に当てて、球団タイの1試合4死球。それでも山本由は動揺することなく、結局、7回4安打2失点(自責1)で今季2勝目をマークした。

 オフには同じ大阪市内の接骨院を利用し、投球フォームを参考にするほど心酔する山本拓は、この“師匠”の快投に刺激を受けている。「死球を当てても動じない強いメンタルの強さを感じました。相手ベンチからヤジられても動じない、いい意味で淡々と投げていた印象がある。すごく参考になる」と気合を入れ直す。

 次回の登板予定は8日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)で早速、同期生の相手4番・村上封じを意識。「村上はチームの核、中心ですからね。高校時代から九州学院で1年から4番を打っているすごいヤツがいるのは知ってました。高校時代もプロに入ってからも話したことはない。村上だけではないですが、強力打線なんで、しっかり内を突いて外に投げ切る投球をしないと。それが自分の持ち味でもあるし」

 甘く入れば一発長打を食らうことになるが、尊敬する「山本さん」のように臆することなく大胆に内角を攻め、まずは今季2勝目をゲットするつもりだ。