巨人・原監督が大胆采配!乱調のサンチェスを3回途中交代

2020年07月05日 15時31分

3回途中降板となったサンチェス

 巨人の原辰徳監督(61)が乱調の先発サンチェスを電撃降板させる大胆な采配を見せた。

 5日の中日戦(東京ドーム)で4連勝を狙う巨人は、開幕3連勝がかかるサンチェスを先発マウンドへ送った。だが右腕は2回二死から3連打で2失点。さらに3回も先頭の福田に二塁打を浴びると、指揮官がベンチを出た。サンチェス―炭谷のバッテリーごとこの日昇格した右腕・堀岡と、大城のコンビに交代を告げた。

 ただ堀岡も勢いを止められず、ビシエドに中前打を許して痛恨の3点目を献上した。