ヤクルト高津監督「ズルズル追い上げられる」乱打戦勝利もリリーフ陣に不満

2020年07月04日 22時55分

ヤクルト・高津監督

 乱打戦の勝利も投打で評価が分かれた。ヤクルトは4日のDeNA戦(神宮)に10―8の僅差で勝利。2度、同点に追いつかれたものの、何とか逃げ切った。

 高津臣吾監督(51)は攻撃陣について「走塁、バントがきっちりサイン通りに行うことができた」とし、「今、自分が何をしなきゃいけないかっていうところを理解している攻撃ができたのかなと思う」と手放しで褒めた。

 一方、先発・小川から梅野、マクガフ、石山と登板した投手全員が失点した投手陣には「早い回から援護をもらって、ちょっとピリッとしない先発」「ズルズル追い上げられるリリーフ」と手厳しく「もうちょっとピリッとしないといけないかなという感じがする」とピリ辛評価だった。