巨人・丸が今季2号3ランで先制 吉見も茫然

2020年07月04日 14時39分

先制3ランの丸はご覧のポーズ

 巨人の丸佳浩外野手(31)が4日、中日戦(東京ドーム)に「3番・中堅」で先発出場し、初回に今季2号となる先制の3ランを放った。

 同点で迎えた初回の1打席目、無死一、二塁と大きなチャンスで打席を迎えると、相手先発・吉見の投じた高めの変化球を逃さずヒッティング。右手だけで振り抜いた打球は右飛に終わるかに思われたが、長い滞空時間を経て、そのまま右翼スタンドへ飛び込んだ。これには吉見もぼうぜんとし、鼻の頭をかいて悔しさをあらわにした。

 今季2号とした丸は「打ったのはフォーク。うまく拾うことができました。先制点を取ることができてよかったです」と振り返った。