借金8阪神は八方ふさがり…矢野監督「起爆剤も現状ない」

2020年07月02日 22時37分

厳しい表情の矢野監督

 阪神は2日、中日戦(ナゴヤドーム)に2―4で敗れ、今季最長の4連敗となった。

 先発のオネルキ・ガルシア投手(30)が初回からビシエドに3ランを被弾。いきなり主導権を握られた。3回に上本の適時二塁打などで2点を奪って追い上げたが、以降は得点できなかった。

 打線は相変わらず振るわない。初回二死満塁のチャンスでは、この日6番に入った梅野が二ゴロ。5回も二死一、三塁で4番・マルテが遊ゴロだ。9回無死一、二塁では近本がバントを試みるが送れず。遊飛に倒れた。

 試合後、個々の状態を上げるしかないか、との質問に矢野監督は「それしかない。打順を変えようにも起爆剤も現状ないんで難しい」と八方ふさがりの現状を嘆いた。

 チームは開幕12戦で早くも10敗(2勝)。借金は矢野政権では最多の8となった。打開策はあるのだろうか…。