ソフトバンク連日の打線テコ入れ実らずドロー 工藤監督「何とかつながるようにしないと」

2020年06月30日 22時01分

沈黙の鷹打線に頭を悩ます工藤監督

 ソフトバンクが貧打に苦しみ30日の日本ハム戦(札幌ドーム)に1―1で引き分けた。

 工藤監督は「何とかつながるようにしないといけないと思います。また打撃コーチの方に考えてもらいながら、その中で点が取れるようにしていきたい」と話した。

 連日の打順変更も実らなかった。この日は1番・栗原、2番・柳田はそのままで、3番・今宮、4番・長谷川、5番・バレンティンの〝新クリーンアップ〟の並びで勝負に出た。しかし、打線が2安打と沈黙した。3回に今宮の犠飛で1点を先制したものの、4回以降は1本のヒットも出なかった。

 若手の栗原が打率3割3分3厘、1本塁打、9打点と気を吐いているが、主力に当たりが出ていないのが気になるところだ。バレンティンはこれで4試合連続ノーヒット。元気印のベテラン・松田宣も打率1割2分8厘と苦しんでいる。