好調DeNA打線が巨人から2点先制 5試合連続安打の宮崎「積極的に打ちにいきました」

2020年06月30日 18時53分

 首位攻防戦の第1ラウンドはベイが先手を取った。DeNAは30日の巨人戦(東京ドーム)で初回一死二、三塁、4番・佐野恵太外野手(24)の中犠飛で相手先発・戸郷から1点を先制。まず新主砲が3試合連続となる打点をマークして勢いづけると、続く宮崎敏郎内野手(31)も二死二、三塁から中前へ適時打を放って2点目をもぎ取った。

 5試合連続安打と絶好調の宮崎は「得点圏にランナーを置いた状況だったので、積極的に打ちにいきました。追加点を挙げることができてよかったです」と振り返った。