ソフトバンク・嘉弥真が開幕から完全リリーフ継続! 10人から圧巻の8奪三振

2020年06月28日 18時22分

ソフトバンク・嘉弥真新也

 ソフトバンクの強力リリーフ陣を支える嘉弥真新也投手(30)が、28日の西武戦(メットライフ)でまたも無双ぶりを発揮した。

 3―3の7回から2番手でマウンドに上がると、先頭のスパンジェンバーグを見逃し三振、続く源田を空振り三振、最後は森を見逃し三振に斬って取る圧巻の3者連続三振。昨秋の「プレミア12」では侍ジャパンにも名を連ねた左腕が「左キラー」の真骨頂を見せた。これで嘉弥真は開幕から一人の走者も出さない完全リリーフを継続。打者10人と対戦して奪った三振は実に8つと、目を見張る内容だ。
 
 試合は4―3でサヨナラ負けしたものの、相手打者が戦意を失うほどの切れ味抜群のスライダーを武器に、身長172センチのサウスポーが大きな存在感を放っている。