ソフトバンク・工藤監督 連夜の逆転被弾の岩崎に「必ず取り戻す時が来る」

2020年06月27日 19時55分

ソフトバンク・工藤監督

 2試合連続の悪夢だ。ソフトバンクが27日の西武戦(メットライフドーム)に7―8で逆転負け。連敗で借金2となった。

 2点リードの7回。工藤監督がマウンドに送り込んだのは、前夜に痛恨の逆転満塁弾を浴びて敗戦投手となった岩崎だった。岩崎は簡単に二死を取るが、源田、外崎の連打で一、三塁のピンチを招く。すると続く4番・山川の初球に投じた146キロの直球を捉えられる。打球は無情にもバックスクリーンへ――。連日の逆転弾となってしまった。

 岩崎をあえて厳しい局面で送った工藤監督は「彼に任せて抑えてもらって、昨日の悔しさを晴らしてほしかったなと思いました」と胸の内を明かした。しかし、結果はまさかの返り討ち。岩崎は今後、勝ちパターンから外れた場面で起用する見込みだ。

 それでも指揮官の右腕への信頼がなくなったわけではない。

「必ず取り戻す時が来ると思う。チームに必要な選手。これをバネにしてほしい。しっかり調整して彼本来のボールを取り戻してほしい」と続けた。
 この日は開幕から3番だった柳田を2番、打撃好調の栗原を1番に並べたオーダーが大当たり。初回に柳田がいきなり先制2ランを放ち打線を勢いづかせると、2回には栗原にも1号2ランが飛び出すなど、3回までに西武先発・松本から7得点を奪って試合を優位に進めた。

 先発の和田が3回5失点と西武打線につかまり追い上げられたものの、4回からは第2先発の高橋礼にスイッチ。獅子キラーのサブマリンが3回を1安打無失点に抑えて救援陣にバトンを渡すなど形がしっかり整った。それだけに余計に痛い敗戦だ。

 これで今カードは2勝3敗となり2カード連続の負け越しも現実味を帯びる。鷹がまさかの苦しい滑り出しとなっている。